こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

注文住宅を依頼する際の業者選び

注文住宅を建てる際に、失敗しない工務店やハウスメーカーの選び方についてまとめています。

工務店とハウスメーカーの違いを比較

注文住宅を依頼する場合、工務店とハウスメーカー、大きくこの2つから選択することになります。では、それぞれどのような特徴や違いがあるのでしょうか?

工務店の特徴

地域に根付いた建設業というイメージのある工務店。しかし、普段からあまり関わりがないためしっかりとイメージできないことも多いです。そこで、まずは工務店の特徴からその実態を確かめていきましょう。

職人気質の建設会社

工務店の特徴は、小規模で建物の建設を担当していることです。10人程度の社員が大工や営業を兼務していることも珍しくありません。中には、社長自ら現場に入り、住宅建設の指揮監督を行っている工務店もあるほどです。

また、工務店は建物に対するこだわりや誇りを大切にしており、より良質なものを建設することに重きを置いています。そのため、一つひとつの提案や作業を丁寧に行い、注文者の希望を最高の形で叶えてくれます。

そして、費用やデザインよりも、工務店は注文者との信頼関係で仕事をします。信頼関係を結ぶことができなければ、工務店側が請負を拒否することもあります。こうした昔ながらの職人気質なところが、工務店が地域の人々に愛されている理由でもあるのです。

自由度が高い

工務店にはテンプレートのようなものはありません。本当に注文者の希望や意見を取り入れて、一から住宅を設計していきます。外観や間取り、内装など、多くのことに制限がありません。つまり、非常に自由度が高いのです。

注文住宅のメリットは、注文者の意思が反映され、思い通りの住宅を建てられることです。特に、住宅は何十年も暮らし続ける場所であるため、細かなところまでこだわりたいのが注文者の本音です。

もちろん、技術的にできないことや生活が不便になるものは断られることがありますが、それはより良い住宅を作るためです。注文者を信頼しているからこそ、ダメなものはダメと言い、暮らしやすい理想の住宅を実現してくれるのです。

ハウスメーカーの特徴

続いて、見かけることが多いハウスメーカーの特徴を確認していきましょう。全国展開しているからこそ、手軽に依頼ができる環境が整っていますよ。

注文住宅の敷居を下げてくれる

ハウスメーカーは全国展開しているのが特徴で、各地に支店があるチェーン店のような建設会社です。そして、営業や設計、大工などそれぞれが役割分担され、段階ごとに主となる人が変化していきます。

ハウスメーカーで初めに相談することになるのは営業の担当者です。途中で他のメーカーへ行くことも承知していますので、建設する場所や予算などの気になる部分を気軽に相談できます。特に、実際にどんな住宅を建設するかなどの具体的な内容が決まっていなくても相談できるのが大きなメリットです。

また、ハウスメーカーの場合はチェーン店だからこそ、契約などの工程がはっきりと決められています。そのため、相談だけなら無料で行うことができたり、契約前ならば他社へ乗り換えてもペナルティなどがなかったりします。こうした割り切った関係性が、注文住宅へのハードルを下げてくれるのです。

パッケージ化された建設工程

ハウスメーカーの住宅はある程度パッケージ化されており、その中から自由に建設することになります。少し窮屈に感じてしまうかもしれませんが、出来上がりをイメージしやすく、本当に必要なところだけを考えられるため、後悔が生まれず効率的でもあります。

また、ハウスメーカーでは住宅展示会などが定期的に開催されており、写真だけでなく実際に建設された住宅を見ることができます。これから建てる住宅と同じデザインのものを間近で見られるため、より具体的に自宅について考えられます。

このように、ハウスメーカーの注文住宅は0から考えるのではなく、カスタマイズしていくような感覚で理想の住宅を作っていきます。そのため、最低限の機能美や生活の快適性が損なわれることがありませんので、安心して住宅を建てられます。

工務店とハウスメーカーの違い

さて、工務店とハウスメーカーの特徴を確認してきましたが、改めて2つの違いについて考えていきましょう。

2つの分かりやすい違いが、自由度です。工務店は0から希望を叶えられるため、その自由道はハウスメーカーよりも勝っています。しかし、見積もりや設計も0から行わなければならず、少数で各工程を行うため建設までに時間がかかります。

一方で、ハウスメーカーは自由度は劣るものの、予め決まっている部分が多いため、各工程の手間が簡略化されています。特に、建設工程もすでに流れが決まっているため、着工から完了までスピーディに行えます。

また、工務店は技術力が高い反面、店舗ごとに差が生まれやすく、その実力が見えにくいというデメリットがあります。ハウスメーカーはずば抜けて高いわけではありませんが、技術力は一定化されており、展示会などで確かめることもできます。

このような違いから、じっくりと考え確かな技術力で住宅を建てたいなら工務店、効率的でスピーディーに住宅を建てないならハウスメーカーが最適だといえます。仕事や引っ越しなどの状況を考えながら、あなたに合ったところで注文住宅を依頼しましょう。

選び方のポイントを解説

注文住宅は、人生で何度も購入するものではありません。

そのため、理想の住まいを建てたくても、どの工務店を選べば良いのか、何を基準にするべきなのかわからない方は多いはずです。

特に工務店の場合、会社によって事業内容や技術力、経営意識が異なるので、建築家と比べて選びにくい傾向があります。

注文住宅を依頼する会社を選ぶ際に、安さを基準にする方は多いですが、金額だけで判断してしまうと家づくりに失敗する可能性があります。

家づくりを成功させるには、資料や担当者とのフィーリング、経済的に安定している会社なのかを比較する必要があると一般的には言われていますが、具体的にはどこに注目すべきなのかを紹介していきます。

ここでは、自宅で調べられるものから、工務店で直接調べたいポイントまで、情報を幅広くまとめています。段階的に各項目をチェックしていただければ、工務店選びが適切に行えるでしょう。

自分の希望通りの住宅を建てるためにも、工務店・ハウスメーカーの選び方を覚えておくようにしてください。

住宅メーカー選びのポイント

全国展開している住宅メーカーは、知名度がそのまま信頼度へ変わることもあります。しかし、きちんと選ばないと思わぬ後悔を生んでしまいます。そこで、知名度に惑わされず優良な住宅メーカーを選ぶポイントを身につけましょう。

カタログやサイトで情報収集・比較

住宅メーカーを選ぶとき、重要視してしまうのが自分の中での知名度です。よく雑誌やテレビで広告を見るから優れていると思い込んでしまい、初めから1つのメーカーに絞ってしまうのです。特に、ここは知らないから実力がないと決めつけてしまうこともあります。

しかし、実際には非常に多くの住宅メーカーが存在し、実力もさまざまです。もちろん、知名度が低い、周りに店舗が少ないことが実力とは直結しません。そのため、メーカーごとにカタログやサイトなどを活用し、情報を集めて比較することが必須です。

比較してみると、同じ土地でも活用方法や水回りの設備などが異なっていることに気づき、どんな点を自分が求めているのか分かるようになるでしょうまた、費用面での違いも大きく、オプションの内容なども大きく異なります。

こうした違いを知っておくことで、実際の店舗での相談が有益になり、より具体的に建設する住宅について考えられるようになります。建設してから後悔しないためにも、住宅メーカー選びの段階から細かいところまで比較を行いましょう。

営業の接客だけでなく知識・提案力をチェック

注文住宅の依頼件数は、年間で考えてもそこまで多くありません。そこで、営業担当の社員は依頼を獲得しようとさまざまなテクニックを駆使して接客をします。その結果、営業担当の人の良さで契約したのに、契約後の対応が悪く希望を叶えられなかったという後悔も多いのです。

こうした失敗をしないためにも、店舗へ行ったら営業担当の知識や提案力をチェックしましょう。この場合、自社のことは熟知していますので、一般的な建築知識を尋ねるのが良いでしょう。

例えば、理想の間取りについて質問した場合、費用や実現の可否だけでなく、室温の変化や家具の配置など現実に即した意見を貰えるかどうかです。知識があるほど、より具体的な提案ができ、そうしたメーカーほど信頼できます。

また、その場で答えられなくても、折り返し電話をくれたり、次回の相談時に細かく教えてくれたりするところも信頼できるでしょう。接客態度を基準に考えてしまいがちですが、もう一歩踏み込んだところまで確認にし、接客テクニックだまされないようにしましょう。

アフターメンテナンスの範囲を確認

注文住宅は自分の理想を叶えることを優先してしまいますが、特に重要になるのがアフターケアです。建設後何十年も生活する場所になるからこそ、アフターケアの範囲を確かめておかなくてはいけません。

アフターケアの例としては、外壁のひび割れや壁紙の剥がれ、水回りの不具合など、さまざまなトラブルの解消や修繕を行ってくれます。もしくは、提携先の施工会社などに連絡するなど、トラブルが起きた場合の受付窓口になってくれることもあります。

基本的に、住宅の瑕疵担保責任は購入から10年間となっていますが、メーカーによりこの期限で終わる場合と、それ以上保証してくれる場合があります。特に、地震などによる震災は保険では対応できない範囲を、メーカーがケアしてくれることもあるため、細かくチェックしておきましょう。

注文住宅は建設するまでが重要だと思われがちですが、住宅が完成してからも気をつけなければいけないことはたくさんあります。一見費用が高くても、その分アフターケアが充実していることもありますので、総合的に判断してましょう。

営業担当者以外のスタッフにも会う

住宅メーカーで注文住宅を依頼する場合、窓口となるのは営業担当者です。あなたの希望などを営業担当者と相談し、その情報を営業担当者が設計士などへ伝えます。そして、図面など作成し、次の打ち合わせ時にこの図面を元に再度相談していきます。

基本的にはこのサイクルを繰り返して、実際に着工となるのですが、営業担当者が窓口になっている以上この方がしっかりしていないと全てが狂ってしまいます。また、他人を介して意見を伝えると、どこかで意味の齟齬が出る可能性もあります。

そこで、設計士や施工担当者など営業担当者以外のスタッフにも会えるように頼んでみましょう。他のスタッフと実際に会うことで、建物の建設の流れが詳しく分かるようになりますし、スタッフの対応の良さや性格的に合う合わないというのも確かめられます。もちろん、あなたの理想を直接相談できるまたとない機会にもなります。

特に、設計士の対応や要望への切り返しが、どれだけ自分のこと考えた設計になっているのかを知ることにも繋がります。住宅のベースは全て設計士が作っていますので、心から信頼できるか確かめておくことは、依頼する上で非常に重要なポイントになっています。

 
ページの先頭へ