三重で建てる!こだわりの注文住宅会社 » 注文住宅で気を付けること » 予算がオーバーしてしまった…

予算がオーバーしてしまった…

注文住宅を頼んだときによくおきてしまう失敗談。予算オーバー。そうならないための方法をまとめています。

注文住宅にありがちな予算オーバーを防ぐ方法

一世一代の買い物、注文住宅。いい家を作りたいがため、こだわりたいポイントが多くなってしまいがちです。しかし、予算にも限りがある以上、すべてのこだわりを家に反映できるとは限りません。そこで予算をオーバーしないためにもこんな方法を使ってはいかがですか?

家族での話し合い

家は家族みんなで住むものですので、全員の意見を聞きましょう。様々な意見がでるでしょうが、その中で必要性の高いものを決めていきます。

例えば子どもがピアノを習っていて、家でも弾くようならば、ピアノ部屋の防音加工は必要性の高いものといえるでしょう。必要性の高いものを優先し、予算をオーバーしそうな場合は必要性の低いものを削っていきましょう。

見積もりをチェック

要望が出そろったらまず見積もりを取ってみましょう。そこで予算内におさまればいいですが、予算オーバーをしてしまった場合、家族で決めた優先順位で残念ですが削っていきましょう。このときに親身にアドバイスをしてくれるスタッフさんだといいですね。見積もりは1社だけ取るようなものではないので、各社のスタッフの対応もしっかりチェックしておきましょう。

予算オーバーの原因を探る!

予算オーバーの原因として一番多いのは、予想外の出費です。こういった出費があるかもしれないと知った上で予算を決められれば、予算オーバーを防げるかもしれません。

基礎工事費に注意!

家を建てる土地。地盤の安定は大丈夫でしょうか?特に三重県は、山脈、平野が入り組んだ地形から、場所によって基礎工事の有無が大きく変わってきます。場合によっては、家の安定性を高めるために基礎工事が必要で、家を建てる前に大きな出費がでることも。巨大地震はいつ起きるか分からないと言われているこのご時世。地盤の安定性を確かめ、地震に強い家を作るためには重要な工事です。

設備費と設備のグレードの確認不足

家の材木や、塗料、キッチンやバスルームの設備のグレードを予算内で収めるなら、どの程度のグレードで建てられるかを確認しましょう。そこでイメージとのズレがあったなら、修正が必要です。

すべて自分たちが望むもので建てられれば、それに越したことはないですが、残念ながら予算に限りがある以上、そう簡単にはいきません。

予算オーバーでの失敗体験談in三重

実際に予算オーバーしてしまった人の体験談を見てみましょう。

注文住宅を建てるにあたって、当初の予算よりもオーバーしてしまったという話をよく聞きます。なぜ予算がオーバーしてしまうのか、実際の失敗談をもとに考えてみましょう。

グレードをアップしていくうちにあっという間に予算オーバー

土地代は別で、1,700万円の予算で注文住宅を建てようとしたのですが、打ち合わせを重ね、あれよあれよという間に2,300万円になってしまいました。最初に提示された、業者の見積もりの内容次第だと思いますが、キッチン、壁紙、外壁などは、標準仕様がグレードの低いものになってしまいました。そうすると、やっぱりこっちの方がいい、あっちの方がいいと、どんどん追加してしまい、大幅に予算をオーバーしてしまいました。結局、妻に内緒で貯めていた貯金を住宅費用に投入することになり、さびしい気分になりました。

「一生の買い物」という言葉に判断が鈍ってしまい…

設計図ができ上がって、施工会社と打ち合わせをしていくうちに、屋根裏部屋を作ってもらったり、ガスファンヒーターを使うためにガス栓をリビングに作ってもらったり、全室ペアガラスにしたりするうちに、予算オーバーしてしまいました。営業マンの「一生の買い物ですから、グレードアップしましょう」というような、巧みなトークに判断が鈍ってしまいました。

地盤調査をして予算をオーバーしてしまった

住んでいた家を、二世帯住宅に建て替えることになりました。いままで、その家で暮らしていて、何もなかったので、地盤調査は要らないと思ったのですが、元の家を解体したところ、建築会社の人に、「今度の家は今までの家よりもかなり大きくて重くなるので、念のため地盤調査をしましょう」と言われました。その結果、一カ所、地盤がとても弱いところが見つかり、このまま家を建てると何年か経って、家が傾くリスクがあると言われ、安全面を考慮して、地盤改良を行うことに。土を入れ替えたり杭打ちをしたりして、300万円の予算オーバーになりました。

設備費が含まれていなかった

広告を見ていたら「坪単価30万円」という業者を見つけたので、40坪の家を建てようと検討。30万×40坪=1,200万円で家が建つと思い、見積もりを依頼したところ、営業の方の感じもよかったので契約することに。しかし、打ち合わせ時に、照明やエアコンなどについて聞かれ、その時にはじめて、これらの設備費が契約代金に含まれていないことを知りました。最終的に150万円の予算オーバーとなりました。

予定していなかった外構分で予算オーバー

当初の予定では、塀や門扉で囲わない、オープン外構にするつもりだったのですが、外構工事をはじめるときになって、親が口を出してきました。そのため、外構分で100万円もオーバーしてしまいました。

こうした失敗をしないために、予算オーバーの心配がない注文住宅会社をチェックしてみましょう。

どちらを選ぶ?
おすすめの注文住宅会社

自由設計

完全オーダーメイドで
思い通りの家を作る
引用元:池田建設公式HP
https://ike-da.co.jp/works/タイル貼りにこだわった、高級感のあるスタイリ/
池田建設
1500万円~

・思い通りの間取りを設計

・細かい性能を相談できる

施工事例を
もっと見る

プラン

ライフスタイル別に
プランを選ぶ
引用元:サンクスホーム公式HP
https://sunkushome.jp/works/ストレスフリーの家事ラク・育ラクハウス/
サンクスホーム
1800万円~

・スピーディーな家づくり

・一定水準以上の家が低価格

施工事例を
もっと見る

三重のおすすめ
注文住宅会社を詳しく見る

※約40坪で建てた場合の建設費用