こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

間取りで失敗…

注文住宅でよく起こってしまう間取りの失敗。そんな失敗を防ぐ方法をリサーチしました。

注文住宅の間取りの失敗を防ぐ方法

注文住宅の間取りの失敗を防ぐ方法

間取りの失敗を防ぐためには、生活するときのことを考えておくことが重要になります。

主婦の意見を取り入れよう!

間取りの失敗を防ぐためには、主婦の意見を取り入れることをおススメします。子育て、家事など旦那さんと比べ、主婦が生活に密着することが多いためです。問題点も主婦目線から見た方が見つかりやすいですよ。例えば

  • キッチンスペースは料理の際に問題はないか?
  • 洗濯物を干すバルコニーの大きさは十分か?
  • 洗濯機の場所、バルコニー、収納スペースの距離が遠くないか?

などが挙がるでしょう。こういったことは間取りを決める際にしっかり考えておきましょう。

イメージを伝え、プロに任せるのも一策

設計をする方は、家を造るプロです。自分が重視したいことを伝え、ざっくりとしたイメージを伝えるだけでも、家を設計してくれます。設計を見て、気になることがあればその都度微調整もしてくれます。

ただその場合、ハウスメーカーを選ぶ時点で、相談に何度も乗ってくれる会社を選ぶことが重要になります。「また調整か…。」なんて態度が目に見える人が相手だと、相談もしづらいですもんね。

また営業担当の方でも、経験豊富なら、生活を良くするための提案をしてくれることもあります。そういったハウスメーカーを選べると、自分だけで考えるのでなく、ハウスメーカーとの二人三脚でいい家を建てられるでしょう。

提案力の強いハウスメーカー5選はコチラ!

間取りの失敗の原因を探る!

間取りの失敗の原因として、全てを自分で決めようとしてしまうことが挙げられます。

あったら便利を考えすぎる

自分で間取りを決められるため「こんなのあったら便利だね」とたくさんのアイディアが浮かぶと思いますが、あったら便利よりもこれがないと不便を考える方が、家づくりは成功しやすいです。

家の間取りも大きさが決まっている以上、あったら便利を取り入れすぎると、どこかでしわ寄せが来ます。その結果、生活に必要なものを圧迫してしまっては意味がありません。

生活を意識していない

注文住宅を建てるときに一番楽しいのは、間取りを決めるときです。楽しさのあまり、生活するときを意識せず、見た目に走ってしまう傾向が多くみられます。

例えば、玄関を吹き抜けにした場合は、見た目は非常にいいですが、空調効率が悪く、夏はムワンとした暑さが、冬は冷たい空気がお出迎えをするような状況になります。夏暑く、冬底冷えの盆地に家を建てる場合などは、こういった玄関は避けるべきかもしれません。

間取りの失敗での体験談in三重

間取りで失敗した人の体験談を見てみましょう。

リビングに小上がりの畳部屋をつけたが、子どもが遊んでるときは危なっかしくて怖い。

目立つと嫌なのでコンセントの配線を少なくしたが、掃除機をかけるときなどに不便。

開放的なキッチンに憧れて、オープンキッチンにしたのだが、匂いがリビングにまで伝わってしまい、匂いの強いものを調理すると、気になってしまう。

 
ページの先頭へ