こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

収納の失敗...

注文住宅で多いのが収納に関する失敗。収納は、多すぎても少なすぎても困ってしまうものです。収納に関する失敗談から、失敗しない方法を探ってみましょう。

収納で失敗しないために注意したいポイント

収納は家にはなくてはならない大切なスペースです。少なすぎると部屋が物であふれてしまいますし、多すぎると部屋などのスペースを圧迫してしまいます。

バランスよく収納スペースを確保するために、気をつけたいことをご紹介します。

荷物の量を把握する

まず大切な作業が、収納にどれぐらいのスペースを確保すれば良いのかを知ることです。そのために、どれぐらいの量の荷物を収納する必要があるのかを把握しておきましょう。

今お住まいの収納スペースには、どれぐらいの量の荷物が収納されているのか。収まりきらない荷物がある場合は、それを収納するために、あとどれぐらいのスペースが必要か、などをしっかりと把握しておくのです。

生活動線を考えながら収納場所を決める

家族それぞれの生活動線を考えながら収納を決めることで、収納の失敗は少なくなります。

例えば、玄関にコートクロゼットを作っておけば、靴を脱いだ後、すぐにコートを収納できるので、帰宅後すぐにリビングでくつろげます。

主婦にとっては、家事動線がスムーズになるような収納スペースが確保できると、毎日の家事も楽しくなるかもしれませんよね。

家族それぞれの荷物、そしてどの場所に何を収納するのか、といったことを、図面を見ながら検討しておくことで、収納の失敗は少なくなります。

収納で失敗した原因は?

せっかくの家づくりなのに、収納で失敗してしまうのはなぜなのでしょう?

これからの生活のことを考えていなかった!

家が完成し生活をはじめてからも、家族の形はさまざまに変化する可能性があることを考えなくてはいけません。

今後、家族が増えるかもしれませんし、子供がいる方は子供の成長で荷物が増える可能性もあります。夫や妻が何か新しい趣味をみつけるかもしれない、などなど。家族の形は変わってゆくものです。

今現在の荷物の量だけ収める収納ではなく、少し余裕を持った収納スペースを確保することがおすすめです。

収納スペースは広ければ良いわけではない

収納スペースが足りないといった事態を避けるために、広めの収納スペースを確保することを考える方もいると思います。

しかし、収納スペースは広ければ良いわけではないようです。広すぎることで、逆に収納しづらくなって後悔しているといった意見もあります。例えば、奥行きのある収納スペースを作ったけれど、奥が暗くて見えない、奥の荷物が取り出しにくくなる、大きなものは良いが小物が収納しづらい、などです。

収納を多くつくりすぎてしまった!

たくさんの収納を確保したいからといって、あちこちに収納スペースを作りすぎてしまうと、それも失敗となる可能性があります。

細かく収納スペースを作りすぎてしまったことで、部屋のスペースを圧迫してしまいますし、どこに何を収納したのかがわからなくなってしまう、といったことがあります。

収納スペースは多ければ良い、というわけではないようです。やはり事前に収納する予定の荷物について把握し、収納場所などについても大まかに決めておいた方が安心ですね。

収納に関する失敗談

収納で失敗してしまった方の体験談をご紹介します。

  • 十分にあると思っていたけれど、実際に収納してみると足りない。
  • パントリーの奥行きをとりすぎてしまい、小さい食材が隠れてしまう。
  • ロフト収納をつくったが、階段で上り下りするのが面倒。
  • 広めのクローゼットを作ったが、風通しが悪くカビなどが心配。
多すぎても少なすぎても不便になってしまう収納スペース。快適な家づくりのためには、収納のことも家族で真剣に検討することが大切なのです。

 
ページの先頭へ