こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

サティスホーム

注文住宅メーカーである三重の「サティスホーム」の情報をまとめています。

同業者も注目するサティスホームの注文住宅とは?

サティスホームは1994年創業。三重県内を施工対象エリアとしている注文住宅メーカーです。

本サイトで紹介している業者の中では比較的歴史は浅く、また従業員数も30名未満と事業規模も決して大きくはありません。

しかし、サティスホームはサティスホールディングスのグループ会社です。サティスホールディングスはグループ全体の社員数が80名前後。サティスホールディングスのグループ会社は三重県伊勢市や岐阜県、京都府、ハワイにまでありますので、そのなかでは人数が多い方であると言えます。

サティスホールディングスの会長は廣田康之さんという方で、元キックボクサーという一風変わった経歴の持ち主です。キックボクサー引退後、サティスホームをはじめとして13もの会社を興し、サティスホールディングスを立ち上げました。まだサティスホールディングス自体も出来上がったばかりで、サティスホーム自体も長い歴史があるというわけではありません。

しかしながら、2012年度の1年間で施工件数110件を達成し、各種の表彰実績も多数。

近隣のみならず、関東や九州の同業者までが見学にくる業者です。

なぜ三重県という一地方の、決して大きいわけではないサティスホームがそれだけの施工件数を達成でき、表彰もされるほど話題になるのでしょうか?

その理由は、同社のローコスト化戦略。もちろん「安かろう、悪かろう」では意味がありません。

徹底した企業努力により住宅の値段をさげ、品質の高い住宅を身近な価格で提供することを信念としているとのこと。

具体的な方策としては、維持管理にコストが掛かる住宅展示場は持たない、出品しない。直接取引や自社施工による中間マージンカット。広告費の削減。そして人件費の適正化などが挙げられています。

住宅展示場はお客様を多く呼び込む大きな機会です。しかし、サティスホームはあえてそれを持っていません。では、どのようにしているのかというと、サティスホームでは現場見学会を行っています。それも見せるためだけに立てた家ではなく、実際にお客様が建てた家を借りたうえで、そこで現場見学会を行っているわけです。確かにこれなら維持管理費はかからずに済みますし、実際にこれから使う家を見学するわけですから、説得力もあります。

また全国でもトップと言われる地元ビルダーと連携し、まとめて資材の発注を行うことでコストダウンを計るという工夫も見られます。広告費の削減については、TVCMなどは出さない方針を貫いています。あくまで地元中心の営業活動ですので、口コミで広がっていくことが多いようです。

人件費も適正な金額で抑えるように努力をしています。サティスホームでは年間110棟近くの受注があります。しかし営業担当の数はなんと5人しかいません。年間110棟の受注とすると、一人当たり22棟、年間の受注があるわけです。例えば大手の建売住宅会社でそれだけ売ったら、年収は1500万前後になると予想されます。サティスホームではだいたいこの金額の半分くらいを適正と考えているようです。またできる限り残業しないように、定時になったら上司から声をかけるということが定着しているのだそうです。営業と言えば多額の歩合給で高収入というイメージがあります。しかし元々サティスホームは売り込みをかけることを会社として禁止しており、いいものを作っていい接客をして、結果お客様に選んでもらう、という営業スタイルです。夜討ち朝駆けで飛び込み営業を、というようなスタイルではないため、このような大胆な人件費の適正化が可能なのですね。

このような努力の結果コストが低く抑えられ、注文住宅にもかかわらずお値打ち価格で販売できるのです。

また、同社ではベースプランも特には用意されておらず、一から施主の希望をヒアリングして作り上げていくスタイル

そこで、施主の希望や要望を的確に汲んで具現化する術に長けているとの評判が多く見られます。

サティスホームでは「ハウジングカウンター」という家づくりの無料相談所を開設しています。お電話での予約が必要となりますが、土地のこと、お金のことも無料で相談に乗ってもらえます。またこれから家を建てようと考えている方向けに無料で勉強会も開催しています。間取りのことや設備のこと、またそもそも家を建てるのに何から始めたら良いのか?なども学ぶことができます。このような機会があると、その後しつこく売り込みをかけられるのではないか、と考えがちですが、既に述べた通り、サティスホームは売り込みを一切しない、選ぶのはお客様だ、という考えで商売をしています。あくまでお客様本位の考え方でこのような機会を設けているのです。

受注に至ってからも、しっかりヒアリングして、施主の希望を的確に表現してもらえるのはこのような姿勢があるからだと言えるでしょう。

なお、保証に関しては住宅瑕疵担保責任保険に基づく10年間。完成した家を施主に引き渡した後も、充実したサポート体制を整えています。緊急のトラブルについては、メンテナンス下請け会社や事務処理の専門会社などは利用せず、サティスホームが直接対応してくれます。対応するのも現場監督を経験した、サポートの専任社員です。あくまでサポート専任ですので、営業担当社員のように時間が取りにくいということもありません。また、引き渡し後は6ヶ月目にメンテナンス担当者から電話で家の様子の確認が入り、12ヶ月目と24ヶ月目はメンテナンス担当者が直接家に来て点検、場合によっては修理などの対応に当たるという万全の体制が敷かれています。さらに夜間であっても対応できるように夜間専用サポートダイヤルも設けられており、時間や日にちを問わずに対応してもらえるので非常に安心感があります。

対応のあとの作業が非常に早いのも特徴です。サティスホームは地元に根差した会社なので、協力している会社についても地元の会社がほとんどです。営業地域も会社からそれほど遠くまでは伸ばしておりませんので、トラブルが発生してもごく短時間で対応・作業にかかれるのが強みともなっています。

サティスホームなどが登場!三重のおすすめ注文住宅5選を見る

施工事例:外壁を1色でシックに塗り上げた家

サティスホームの施工画像

外壁をあえて2色に塗り分けず、1階から2階部分まで暖色の淡いブラウンで仕上げることにより、シックな趣となっています。

また、玄関ドアや各窓のサッシ、ベランダの手すり、門扉などはダークブラウンで統一。

センスの良さが光る一軒と言えるでしょう。

 

サティスホームで家を建てた施主の声

こちらの見学会に参加したことで、家づくりへの実感を持つことができました。

担当者の方の誠実で親身な対応のおかげだったと思います。

こちらのわがままも多数叶えてくださいました

家づくりの過程で繰り返した打ち合わせが『楽しい』と感じられたことは、今でも印象に残っています。また建築開始後は、現場監督さんも親身に対応してくれ、大変好感が持てました

初めてのマイホーム建設という作業に、私も家内も漠然とした不安を抱いていましたが、親身なスタッフさん達の対応で吹き飛んでしまいました。完成したときの感動は忘れられません

サティスホームの基本情報

会社名 株式会社 サティスホーム
住所 三重県四日市市石塚町8-24
津市、伊勢市に営業所を展開
設立 2001年
 
ページの先頭へ