三重で建てる!こだわりの注文住宅会社 » 三重エリアの住みやすさ » 鈴鹿市

鈴鹿市

鈴鹿市の口コミ・評判まとめ

便利で住みやすい街です

車があればという前提かもしれませんが、車で30分程度で行ける範囲に飲食店から施設など、様々なものが揃っています。イオンモールとイオンタウンが併設されているし、ショッピングモールから日帰り入浴施設、エンターテイメントなど様々な物が揃っています。それに、道路そのものがあまり混んでいません。渋滞に巻き込まれることもないので、住みやすい環境だと胸を張って言えます。

何でも揃う町だと思う

市内にイオンが二カ所。サーキットもあるし、お店もとても多いしで、何でも揃う街だなと思います。飲食店が多いのは工場が多いからなのかなと思いますが、サーキットでイベントが行われるときは街全体も賑やかになるなど、メリハリが利いてて暮らしやすい街だなって思っています。

買い物環境が充実している

大型ショッピングモールもあれば、スーパーもあるしでいろいろなものが揃っているエリアです。それに道の駅もあれば野菜直売所もあるし、買い物には困らないですね。車が前提ではあると思いますが、車さえあれば快適な環境の街だなと感じています。大型ショッピングモールは車で込み合いますけど、空いているスポットを覚えておくとストレスも半減します。

鈴鹿市の自治体の取り組み

児童手当

鈴鹿市では中学生までの児童を養育している家計の主たる生計維持者に手当が支給されます。所得制限があり、制限以上の場合は月額5,000円です。所得制限未満の場合、10,000円から15,000円となっています。所得制限は扶養親族の数によっても変わるので、手当を受ける際は事前に確認しておきましょう。

子育て支援総合コーディネート事業

鈴鹿市では「子育て支援総合コーディネート事業」を推進しています。ほぼ毎月子育て支援センター等で開催されるもので、集まって一緒に話をして悩みを共有したり、或いは子供同士で楽しく遊んだりする会です。気軽なコミュニケーションを通して子育ての悩みを共有できる会で定期的に開催されており、悩みを相談する以外にも子育てを行っている親同士のコミュニケーションの場としても機能しています。

様々な情報発信

「鈴鹿市子育て応援ブックすずっこナビ」「バンビーキッズ」など、四日市市では子育てに関する情報紙が発行されています。すずっこナビに関しては冊子で、バンビーキッズに関しては月に一度刊行されているのが特徴です。行政という信頼できる機関による子育てに関してのレクチャーや情報共有が可能な媒体は、鈴鹿市の公式ホームページからもPDFで確認できます。

鈴鹿市の施設

子育て支援センターりんりん

御薗町にある子育て支援センター「りんりん」は、「親子が出会いを通じて交流できる場所」として鈴鹿市では初となる独立型の子育て支援センターです。子供の遊び場としてはもちろんですが、親同士の交流の場としても機能しており、遊具や休憩室などが用意されています。利用時間は9:30~16:30、日曜、月曜、祝日、第二火曜日と年末年始が休館日です。

子育て支援センターハーモニー

十宮町にある子育て支援センター、「ハーモニー」は市役所の北に位置している好立地にあります。こちらも「りんりん」と同じく遊具が設置されており、気軽に立ち寄れる場所として利用できる施設です。子供同士、あるいは親同士の交流の場と人間関係を築く場所として機能しています。保育所で遊ぶ園児との交流や保育所の見学も可能です。また、第二金曜日は「けろっぴ教室」を開催しており、予約なしで楽しめます。

子育て応援館(はぐはぐ)

子供が健やかに育つようにとの思いから開放されている施設です。プレイルームや体育室などが利用でき、子育て団体の交流の場となっています。鈴鹿市に活動拠点を置いており、市民にて構成されている子育て関係団体であれば利用が可能です。団体での利用にも耐えられるキャパシティとなっているので、様々な活用ができるでしょう。

児童センター

遊びを通して子どもたちの健全育成を図るための事業に取り組んでいる福祉施設です。一ノ宮団地児童センターと玉垣児童センターの2つあり、大型遊具で遊んだりおままごとをしたりできます。一ノ宮団地児童センターではセンター2階で小学校3年生から卓球で遊ぶことが可能です。

鈴鹿市で注文住宅を建てられる注文住宅会社

池田建設

池田建設施工事例_外観 池田建設施工事例_内装
引用元:池田建設公式サイト
(https://ike-da.co.jp/works/どの部屋からも出られる中庭!プライバシー確保/)

住まいに人を合わせるのではなく、人に住まいを合わせるとのコンセプトを掲げる池田建設。決まったプランを用意して施主を迎え入れるのではなく、施主のライフスタイル・価値観・予算等からベストアンサーを模索するスタンスとなっているので、施主に合わせたマイホームをもたらしてくれるでしょう。

池田建設は不動産事業全般を取り扱っていることから、土地探しもお手の物。既に3,000区画以上手掛けている点からも、土地探し業者としての実績も十分です。個性的なデザインを得意としているので、オリジナリティあふれる家にしたい人や、自分の価値観を形にしたい人におすすめの業者です。

リアルホーム

リアルホーム施工事例_外観 リアルホーム施工事例_内装
引用元:リアルホーム公式サイト
(http://www.real-h.net/kengaku/20140125/index.html)

リアルホームのモットーは「無個性」です。決して個性がない業者ということではなく、個性を持つのは施工・設計業者側ではないという意味を持っています。自分たちの建てたい家ではなく、施主の建てたい家を建てるとのモットーから、「自らは無個性」を標榜しているのが特徴です。

そんなリアルホームでは「HES」と呼ばれる工法が採用しています。床下に電熱パネルを設置することで、夜間の安い電力にて地中に熱を伝えるシステムがポイントです。放射熱により固体表面温度を温めることで、冬でも暖かく過ごせる家となるように施工してくれます。

このように、独自技術に定評のあるリアルホームは完成見学会を積極的に開催しているので、興味のある方は「実物」をチェックしてみるのも良いかもしれません。

三交ホーム

三交ホーム施工事例_外観 三交ホーム施工事例_内装
引用元:三交ホーム公式サイト(https://re.sanco.co.jp/home/jiturei/22/)

三重県に合計6つの展示場を構えている三交ホーム。三重交通グループの不動産部門は地元密着型ですが、グループの規模に関してはハウスメーカーに勝るとも劣らないものとなっています。そんな三交ホームのこだわりは「木造」です。鉄骨やRCではなく、あくまでも木造にこだわる三交ホーム。木造を基本にした7種類の商品を用意し、顧客のニーズに応えています。

2014年度に「GOOD DESIGN賞」を受賞しているのも、注目すべきポイントでしょう。GOOD DESIGN賞はただデザインが良いだけではなく、ビジネスモデルの観点からも評価される賞です。外観だけではなく、地元密着型の業者として地元に合わせた外断熱や7種類の基本コンセプトなど、様々な提案が施主だけではなく業界内からも高い評価を受けています。

どちらを選ぶ?
おすすめの注文住宅会社

自由設計

完全オーダーメイドで
思い通りの家を作る
引用元:池田建設公式HP
https://ike-da.co.jp/works/タイル貼りにこだわった、高級感のあるスタイリ/
池田建設
1500万円~

・思い通りの間取りを設計

・細かい性能を相談できる

施工事例を
もっと見る

プラン

ライフスタイル別に
プランを選ぶ
引用元:サンクスホーム公式HP
https://sunkushome.jp/works/ストレスフリーの家事ラク・育ラクハウス/
サンクスホーム
1800万円~

・スピーディーな家づくり

・一定水準以上の家が低価格

施工事例を
もっと見る

三重のおすすめ
注文住宅会社を詳しく見る

※約40坪で建てた場合の建設費用