こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

免震・耐震住宅で安心した生活を送りたい

永く安心して暮らすために、三重で免震住宅を扱うおすすめハウスメーカーをご紹介します。

三重で免震住宅/耐震住宅に強い、注目のハウスメーカー

中部エリアは防災意識が高く、また予想される南海トラフ地震への備えとして、地震に強い住宅には高い関心が寄せられています。

免震・耐震住宅に強い注文住宅メーカーから、特におすすめの3社を見ていきましょう。

やまぜんホームズ

建物の基礎部分は、一般的に200㎜間隔で鉄筋配筋を行うのに対し、150㎜間隔とすることで、より緊密で強固な仕様

建物は、在来軸組工法に耐震パネル工法を組みわせた独自の「やまぜんW工法」

在来軸組工法の利点である間取りの自由度を活かしながら、耐震性を高めています。

床材は、多重構造合板を使用。地震や台風のときに受ける、床面の横揺れやねじれを抑えます

やまぜんホームズの「やまぜんW工法」についてもっと詳しく>>

三重県住宅生協

同協会の手掛ける「J7 best selection」では、公的な評価機関による性能評価で「耐震等級3」を獲得しています。

耐震等級とは、等級1・2・3に分けられていて、震度6強~7程度の地震に対して倒壊または崩壊しないものを等級1とします。

等級1の1.25倍の強度があるものを等級2と言い、等級1の1.5倍の強度があるものを最高ランクの等級3と言います。

三重県住宅生協「J7 best selection」についてもっと詳しく>>

一条工務店

地盤と建物の間に特殊なゴムとスライダーを設置することで、建物に揺れが伝わるのを防ぐ免震システムを、早くから一戸建て住宅向けに導入したことで知られています。

建物自体も、柱、梁、土台を構造用パネルで一体化し、強靱な6面体の箱形に仕上げることで耐震性を高める「モノコック構造」。

地震の揺れが建物の一箇所に集中することなく、建物全体に分散できます

一条工務店の「モノコック構造」についてもっと詳しく>>

耐震性・免震性住宅の注意点

壁や柱、梁(ハリ)など構造部分の強度は、地震に対する建物の強さと直結するので重要になってきます。

これは建築基準法で定められているので、これから建築される住宅に関しては、工法に関わらずクリアしていなければなりません。そうでなければ、いわゆる違法建築となってしまいます。

その上で、より強い家を求めるには?という選択肢になってきます。

木造では在来軸組より2×4が耐震性に優れているとされてきましたが、現在では研究や実験などにより、さまざまな対策が行われています。

軸組工法と2×4の長所を併せ持つ「モノコック構造」や、接合部分を金物で補強する方法、壁面や床下などに揺れを制御する装置を組み込むなどが代表的です。

施主は、どのような耐震対策がされているのかを、個々のケースごとにしっかりチェックすることが賢明です

 
ページの先頭へ