三重で建てる!こだわりの注文住宅会社 » 条件別で探す三重の注文住宅会社 » 1,000万円台で夢のマイホームを建てたい

1,000万円台で夢のマイホームを建てたい

1000万円台の住宅を建てたい人に、おすすめの施工会社4社をご紹介します。

施工会社の特徴

「建物金額1,500万~」池田建設

イメージ
引用元HP:池田建設公式HP
https://ike-da.co.jp/

他のハウスメーカーにありがちな規格住宅は扱わず、一から施工主の思い通りの住宅を設計し、提供してくれます。

完全フルオーダーの家なので融通が利くだけでなく、価格を抑えているコストパフォーマンスの良い住宅です。これは創業40年の実績から地域のネットワークを活かせるため、土地探しから外構、エクステリアもトータルで対応でき、仲介料がかからないからです。

完全自由設計ながらもコストを抑えつつ洗練されたデザイン住宅で、年間約60棟以上の住宅を提案する人気の建設会社です。

施工事例:機能的ですっきりとしたデザイン

池田建設施工事例1_外観 池田建設施工事例2_内装
引用元:池田建設公式サイト(https://ike-da.co.jp/works/スタイリッシュとナチュラルを使い分けたお家/)

シンプルに見えるものの、所々に凹凸を付けたキューブスタイルが個性を感じさせてくれます。日差し、プライバシーを計算したからこそのデザインです。家の中にも凹凸をつけることで、スペースを上手く区切って部屋のような使い勝手も実現。

一方で、浴室や他の部屋ではなるべく段差をつかわないバリアフリー設計も導入されています。こだわるべき部分にはこだわり、カットする部分はカットするというコンセプトの下、シンプルではあるものの機能的な家ができあがりました。

施工事例:スタイリッシュな平屋

池田建設施工事例3_外観 池田建設施工事例4_内装
引用元:池田建設公式サイト(https://ike-da.co.jp/works/家族が集まるリビングは広く、明るく、陽当たり/)

「平屋らしさ」を感じさせない平屋。スタイリッシュな雰囲気は、新しい時代の平屋であることを感じさせてくれます。エッジの利いた外観ではあるものの、基本的にはシンプルなテイストがポイントです。こだわるべきところはこだわる一方で、余計な物はカット。足し算と引き算を上手く考えながら、予算配分にまでこだわった住宅となりました。

予算を抑えてながらもこだわりは生かされているので、実用性の高さも含め施主も納得のモデルに仕上がっています。

会社情報

公式HPで問い合わせる

「建物金額1,589万~」やまぜんホームズ

イメージ
引用元HP:やまぜんホームズ公式HP
http://www.yamazen-k.co.jp/

デザインも外観もゼロから自由設計でつくる「安心オーダー住宅」が人気です。

価格も明確でコスパの良い住宅にもかかわらず、長期優良住宅仕様と省令準耐火仕様が標準で、断熱性・気密性に優れたマイホームの夢が叶います。

地元に密着し、創業40年。「現場第一主義」を貫き、引き渡し後もお客様と繋がる関係づくりを提供するアットホームな住宅会社です。

施工プラン名

施工事例:個性の詰まった平屋

やまぜんホームズ施工事例1_外観 やまぜんホームズ施工事例2_内装
引用元:やまぜんホームズ公式サイト(https://www.yamazen-k.co.jp/works/ワンちゃんといつでも一緒なコンパクト平屋/)

シンプル感のある平屋ではあるものの、実は「個性」が凝縮されています。例えばデッキの凹凸。一直線に配置されているのではなく、凹凸をつけることで部屋を覗かれにくくする工夫が凝らされています。全面コンクリートの庭にするのではなく、部分的に芝生を導入することで、ペットの遊び場としても機能するスペースに。屋根には太陽光発電を搭載するなど、エコにも注力しているのが特徴です。

また、家の中もペット用の通路を作ることでペットと一緒に過ごしやすい空間を実現しています。

施工事例:非日常感と自然感がミックスされた北欧テイスト

やまぜんホームズ施工事例3_外観 やまぜんホームズ施工事例4_内装
引用元:やまぜんホームズ公式サイト(https://www.yamazen-k.co.jp/works/北欧ナチュラルテイストの可愛い家/)

北欧テイストではあるものの、決して「派手な北欧風」ではなく、「自然な北欧風」を実現。ほどよく個性を表現したスタイルは、街に馴染んでいます。内装は木のぬくもりを活かすことで、優しい雰囲気を実現。フローリングだけではなく、様々な部分に木目を取り入れて癒し効果をもたらしています。

パントリーや収納を用意するなど、キッチン回りの実用性も追求。生活感と使い勝手の良さを高い次元で融合させたキッチンが、家族の生活を根底から支えてくれます。

会社情報

公式HPで問い合わせる

「建物金額1800万~」サンクスホーム

イメージ
引用元HP:サンクスホーム公式HP
https://sunkushome.jp/

39に分けた基本のライフスタイルを元に、最良の住まいを提案する「サンクスホームイズム39」が人気の住宅会社です。

「サンクスホームイズム39」の中から自分のライフスタイルに最も近い住宅モデルを元にしてオプションなどを加え、高いコストパフォーマンスでより自分らしい家を手に入れることができます。

施主のライフスタイルや土地の条件に合わせて、実績ある建築家によるオンリーワンの住まいの実現も可能です。

施工プラン名

施工事例:個性的な外観の家の強みは実用性

サンクスホーム施工事例1_外観 サンクスホーム施工事例2_内装
引用元:サンクスホーム公式サイト(https://sunkushome.jp/works/14286-2/)

凹凸を上手く組み合わせることで、プライバシーの確保もできています。日差しまで計算されているので洗濯の効果も高まっているなど、実用性の高さが随所に見られるの住宅です。

キューブタイプ、さらには外観が暗めと個性の強さを感じさせるスタイルではありますが、最大の特徴は実用性でしょう。動線にこだわったことで、家族全員が動きやすい家庭内を実現しています。

施工事例:趣味をベースにしたスタイル

サンクスホーム施工事例3_外観 サンクスホーム施工事例4_内装
引用元:サンクスホーム公式サイト(https://sunkushome.jp/works/surfers-house%e3%80%80~サーファーズハウス~/)

デッキバルコニーが個性を演出している家。その理由は、夫婦共々サーフィンが好きということで、カリフォルニアを意識したスタイルとなっているから。

どこか非日常感を漂わせる外観ではありますが、中はフローリングや収納の扉など、木材を前面に押し出すことで癒し効果をもたらしています。趣味をより楽しむためにということで、玄関は広めに確保。自転車程度であれば簡単に出入りができるなど、楽しい日常生活のための工夫が随所に見られる家です。

会社情報

公式HPで問い合わせる

「建物金額1,800万~」北山建築

イメージ
引用元HP:北山建築公式HP
https://kokorohome.co.jp/

北山建築は住む人のこだわりをお客様と一緒にひとつずつ設計する一邸ごとの自由設計で、自然素材のおしゃれな注文住宅建築に定評があります。江戸時代末期から家づくりの中心である「大工の棟梁」を7代にわたり継承し続けている会社であり、地元に密着した営業で信頼を得てきました。

「家づくり」の知識が身につくセミナーも定期的に開催し、お客様目線で家づくりをしています。

施工プラン名

施工事例:「立体感」のある平屋

北山建築施工事例1_外観 北山建築施工事例2_内装
引用元:北山建築公式サイト(https://kokorohome.co.jp/gallery/gallery-5012)

「平面」なイメージを持たれやすい平屋に凹凸・メリハリを採用することで、段々と連なって上手く周囲からの視線を遮断しています。内装は白と木目を基調にした清潔感のあるものが選ばれました。一方で、窓の位置にこだわりを持ち、なるべく家の中が明るくなるようにと配慮されているところにも注目です。収納スペースを用意しており、快適な生活のためのアイディアが多数盛り込まれています。

施工事例:収納を多めで趣味を楽しめる

北山建築施工事例3_外観 北山建築施工事例4_内装
引用元:北山建築公式サイト(https://kokorohome.co.jp/gallery/gallery-862)

キューブスタイルのシンプルな外観に、施主の思いが込められている家です。ガルバによって、シンプル感をより演出しています。外観だけではなく、内装もシンプル感がテーマです。

基本的に無駄のない造りとなっている一方、収納に関しては多めに用意されています。特に趣味が多彩ということで、趣味のアイテムを保管すべく玄関の収納は広めに確保されているのがポイントです。用途に分けた不規則な形の収納は、サーフボードのような趣味で使うアイテムのために考えられたデザインとなっています。

会社情報

公式HPで問い合わせる

1,000万台と1,000万以下の特徴

ローコスト住宅とされる住宅の金額は500万円~1000万円以下とかなり抑えられていますが、これはハウスメーカーの企業努力によるところが多いです。例えば建材や設備などを大量購入して仕入れを抑えたり、デザインや間取りをある程度決められた中から選んでもらったりすることによって、費用を抑えることができるのです。

1,000万円台になるとコストを抑えた中に間取りや内装にこだわったり、自然素材を使うなどのオリジナリティを出したりすることができます。

ローコストゆえに、気をつけるべきこと

住宅は価格が安いだけで選ぶべきではありません。それこそ「安物買いの銭失い」にならないためにも、事前にチェックすべき点が多々あります。

例えば、長期優良住宅認定の有無、耐震性や耐久性にどのような工夫を行なっているかなどは必須項目になります。

建物についてですが、長期優良住宅認定を受けられるものであればさほど心配はありません。長期優良住宅の認定を受けるために必要な条件は、耐震性があること・耐久性があること・維持管理等メンテナンスが容易であること・住戸面積が一定以上であること・省エネ性能があること・居住環境がいいこと・住宅履歴情報が整備されること、と複数あり、それぞれに厳しい基準が決まっています。そのため、長期優良住宅であれば耐震性や耐久性は気にする必要はありません。

もしも長期優良住宅でなかった場合であっても、耐震性についてはこれから建てるのであれば2000年に改正された新耐震基準に適合したものが作られるため、それほどの心配はないでしょう。ただし耐震基準というのは、適合していれば絶対に倒れない、というようなものではありません。そこは誤解せずに、日ごろから災害に対する備えだけはしておきましょう。

耐久性については工法によって変わってきます。一般的な構造の強さとしては、木造モルタル<軽量鉄骨<重量鉄骨=木造2×4<RC造<SRC造、となります。RCは通常、3~5階建てのマンション、SRCは高層マンションに使われる工法です。工法はハウスメーカーによって得意なものがあり、それぞれに特徴がありますのでよく確認しておきましょう。

もうひとつ、不具合などが起きた場合の対応や保証なども忘れてはなりません。

全ての新築住宅は、住宅品質確保促進法という法律のもと、10年間の保証が義務付けられています。この法律内で保証されるのは住宅の基本構造部分についての瑕疵です。ほとんどの場合は瑕疵担保責任保険という保険に建築会社が加入しており、その保険から修理代を出したり、賠償がされることになります。

問題は保険の範囲外のものがどうであるか、です。少なくとも完成してから1年目の点検、2年目の点検、10年目の点検があるところを選ぶことをおすすめします。家というのは非常に多くの部品を使い、人が住み、風雨から住人を守ることで大きく変化していきます。当然ながらメンテナンスも必要となってきますので、しっかり点検・メンテナンスを実施してくれるところを選択するようにしましょう。

いろんな業者に相談しよう

ローコスト住宅に限った話ではないのですが、マイホームを任せる業者を選ぶ際に、初めは複数社に相談することが大切です。多くの方にとって、マイホームは一生に一度の買い物でしょう。初めてのことで分からないことが多いかと思いますが、複数の業者に相談することで見えてくることが増えていくはずです。

また、話し合いの中でどれだけ自分たちのことを真剣に考えてくれているのかも見えてきます。初めから一社に決めるのではなく、まずはじっくりと様々な業者と話し合いの場を持ち、見定めてみましょう。

プランは細かい部分までチェック

ローコスト住宅は、通常のスタイルと比べて何かを削っているからこそ安くなります。「何が削られているのか」を把握しておけば、どこに予算をかけるべきかも見えてくるでしょう。プラン・契約書を見て、少しでも疑問があったら質問することは大切です。

契約書を流し見してしまうケースも多いようですが、重要なことが記載されているものなので細かい部分までチェックするようにしましょう。内容をよく確認し、納得したうえで依頼すればトラブルが起こるリスクを軽減できます。

予算は余裕を持って進める

ローコスト住宅も、話を進めるうちにいろいろと追加されていくものもあるはずです。予算は人それぞれかと思いますが、予算は余裕をもって組み立てるようにしましょう。「できる限り安く」とは思っても、実際に話を進めていくと「やっぱりここはしっかりとしたものを」という具合に、気持ちに変化が生じるケースもあります。マイホームは建築後も維持費がかかりますし、後々苦労しないためにも建築後にかかる費用も考えてプランを組み立てましょう。

ローコストで建てるメリット

価格が安い

一般的な住宅と比べると価格が安い点こそ、ローコスト住宅の特徴かつメリットでもあります。価格が安いということは、オーソドックスなマイホームでは予算的に厳しい人も、ローコスト住宅であれば手に入りやすいのがメリットです。

マイホームは何かとお金がかかります。特に注文住宅ともなれば、あれもこれもと自分の理想を形にしていくと予算が膨れ上がり、当初想定していた予算をオーバーしてしまうケースも珍しくありません。予算の増加は、住宅ローンの負担増加にもつながります。毎月のローンの出費は数千円、あるいは1万円から2万円増えただけであったとしても、年額にすると大きな出費となるのが気を付けるべきポイントです。

結果、毎月の生活から余裕を奪うことにもなりかねません。ローコスト住宅であれば安く仕上げることができるので、負担を軽減できます。

工期が短いので早く入居できる

ローコスト住宅が安い理由の一つに、大量生産・一括購入された資材を利用するなど、コストカットに励んでいたり、あるいはできる限りシンプルに作られていたりする点が挙げられます。こだわり抜いた注文住宅よりも、比較的工期が短くなるのがメリットです。費用もさることながら、できればすぐにでも住み始めたいという人に向いています。

ローコスト住宅の場合は工期が早い点も特徴なので、契約締結から入居までもスピーディーです。お子様がいる場合、学校との兼ね合いもあるので入居のタイミングも十分に考慮しなければならない部分も必要になるでしょう。ローコスト住宅であれば、その点も上手く調整できる可能性があります。

建て替えやすい

ローコスト住宅はある程度コストダウンを図っているからこそ、安い価格での設計を可能にしています。そのため、「建て替えやすい」とポジティブに考えることもできるでしょう。どれだけ細部までこだわりを持って作られた住宅も、必要に応じてリフォームすることになるかもしれません。こだわりがあると「これはどかしたくない」「ここはこのままにしておきたい」と気持ちの面でブレーキがかかります。

あるいは心情面を抜きにしてもこだわりのある設備の場合、撤去に特別な技術が必要になるでしょう。結果として、リフォーム費用が高くなってしまうケースも十分に考えられます。

その点、ローコスト住宅であれば建て替えの際、特別な技術がなければ撤去そのものができないということはあまり起きません。「ある程度ガタが来たら建て替える」と割り切ったスタイルで建てることも可能です。

気持ちの面で楽な生活を送ることができる

ローコスト住宅は一般的なマイホームと比べると、質という点で劣ってしまうかもしれません。しかし、だからこそある程度気持ちも楽に暮らせる点もメリットです。こだわりを形にした豪勢な注文住宅の場合、「傷を付けたくない」「汚したくない」という思いが生まれるはずです。それが行き過ぎると、せっかくのマイホームでありながら慎重に暮らそうとしてしまい、ストレスを感じることになる可能性もあります。

ローコスト住宅は費用を抑えられる分、「劣化したら建て替える」「そこまで長期的なビジョンではない」という思いから、気軽な日常生活を送ることができるでしょう。

どちらを選ぶ?
おすすめの注文住宅会社

自由設計

完全オーダーメイドで
思い通りの家を作る
引用元:池田建設公式HP
https://ike-da.co.jp/works/タイル貼りにこだわった、高級感のあるスタイリ/
池田建設
1500万円~

・思い通りの間取りを設計

・細かい性能を相談できる

施工事例を
もっと見る

プラン

ライフスタイル別に
プランを選ぶ
引用元:サンクスホーム公式HP
https://sunkushome.jp/works/ストレスフリーの家事ラク・育ラクハウス/
サンクスホーム
1800万円~

・スピーディーな家づくり

・一定水準以上の家が低価格

施工事例を
もっと見る

三重のおすすめ
注文住宅会社を詳しく見る

※約40坪で建てた場合の建設費用