こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

1,000万円台で夢のマイホームを建てたい

そろそろ家を買おうかなと考えている方は、どの程度の金額で考えているでしょうか?一般的には、家だけでだいたい1500万円、あとは土地代その他は建てる場所次第と言われることが多いです。しかし、土地代まで含めても2000万円かからない、そんな激安ハウスメーカーも存在するのです。

マイホームが1,000万円台で建てられる、三重のおすすめハウスメーカーをご紹介します。

1,000万円台で家が建てられる三重の注文住宅メーカー3選

三重エリアには、1,000万円台で注文住宅が建てられるメーカーが存在しています。

その中から、特におすすめの3社をご紹介します。

やまぜんホームズ「わんこパック」

やまぜんホームズの施工事例

やまぜんホームズは、三重県北部の桑名市に本社をおくハウスメーカーです。愛知・三重・岐阜・滋賀の東海四県を営業エリアとしており、「わんこパック」というプランを前面に押し出して売上をあげ、Tokyo PRO Marketにも上場を果たしました。

「わんこパック」とは、自由設計の建物本体と付帯工事費、長期優良住宅対応、そしてカーテンや照明といったものが1,500万円のパック料金となっている、同社の代名詞とも言えるプラン。

間取りは完全自由設計

注文住宅の間取りというのは、ある程度決められたプランの中から好きな間取りを選択する、というパターンがほとんどです。しかし「わんこパック」の間取りは決められたものはありません。広さの制約はありますが、その中で自由に間取りを作ることが可能です。

外観も、外壁や屋根、ドアやエントランス部分のタイルの色など、豊富な選択肢から選べるようになっています。

「予算に限りはあるけど、住まいのこだわりはできるだけ実現したい」というニーズに応えてくれる、人気のプランなので、1度検討してみてはいかがでしょうか。

やまぜんホームズの「わんこパック」について詳しく見てみる>>

三交ホーム

三交ホームの施工事例

三交ホームは、三重県内の高速バスや路線バスで有名な三重交通グループの不動産会社、三交不動産の注文住宅です。三重県内では知名度が非常に高い会社で、「地域と建てる」を合言葉とするほど地元密着型で成長してきました。

三交ホームの激安プランは、「SELECT」という「価格では無理をせず、だからと言ってプランにも妥協したくない」というコンセプトの元に企画されているプランです。

これまでの施工事例やニーズなどを踏まえ、用意された39のベース案から好みのものをチョイスし、その上で細部を施主の要望に応じてアレンジしていくという方式。

気になるお値段も建物で1,500万円台~となっています。

三交ホームのセレクトプランを詳しく見てみる>>

リアルホーム

リアルホームの施工事例同社は、ローコストかつ長期優良住宅認定の取得を前提としている注文住宅メーカー。

元々は、四日市市にある有限会社マレック向陽というアパート・マンションの管理と土地活用を提案する会社です。マレック向陽の新築部門・戸建て部門を強化するために、新築・戸建て部門を切り離してリアルホームが誕生した、ということになります。

同社は三重県の研究施設で木材を徹底的に研究しており、木材の特性を的確に把握した木材利用を行い、コストを抑えつつも長期優良住宅を作り続けているのです。

他にも少数精鋭の人員体制や、直接取引による中間マージンの削減などの徹底した企業努力が感じられます。

一例として40坪で1,700万円、かつ長期優良住宅認定、耐震等級3もクリアというケースが紹介されています。

リアルホームのローコストプランを詳しく見てみる>>

ローコストゆえに、気をつけるべきこと

住宅は価格が安い“だけ”で選ぶべきではありません。それこそ「安物買いの銭失い」にならないためにも、事前にチェックすべき点が多々あります。

例えば、長期優良住宅認定の有無、耐震性や耐久性にどのような工夫を行なっているかなどは必須項目になります。

また、土地の部分の所有権が契約者のものになっているのか、その土地が問題のある土地ではないのか、なども確認しておく必要があります。

建物についてですが、長期優良住宅認定を受けられるものであればさほど心配はありません。長期優良住宅の認定を受けるために必要な条件は、耐震性があること・耐久性があること・維持管理等メンテナンスが容易であること・住戸面積が一定以上であること・省エネ性能があること・居住環境がいいこと・住宅履歴情報が整備されること、と複数あり、それぞれに厳しい基準が決まっています。そのため、長期優良住宅であれば耐震性や耐久性は気にする必要はありません。

もしも長期優良住宅でなかった場合であっても、耐震性についてはこれから建てるのであれば2000年に改正された新耐震基準に適合したものが作られるため、それほどの心配はないでしょう。ただし耐震基準というのは、適合していれば絶対に倒れない、というようなものではありません。そこは誤解せずに、日ごろから災害に対する備えだけはしておきましょう。

耐久性については工法によって変わってきます。一般的な構造の強さとしては、木造モルタル<軽量鉄骨<重量鉄骨=木造2×4<RC造<SRC造、となります。RCは通常、3~5階建てのマンション、SRCは高層マンションに使われる工法です。工法はハウスメーカーによって得意なものがあり、それぞれに特徴がありますのでよく確認しておきましょう。

土地についてはしっかり調べておく必要があります。まず、家を建てるときに土地も購入することになりますが、あまりにも相場からかけ離れて安い場合は「借地権」でないかどうか確認しましょう。

借地の場合は字の通りに「借りている」状態ですので、財産として自分のものではありません。また、定期的に地代を地主に支払う必要があります。この場合は建物のみの購入となるため、当然金額は安くなります。また土地に問題がある場合も、土地の代金が安くなります。よくある例としては「以前田んぼだったところで、地盤が緩い」「殺人事件が起きた土地である」「水はけが悪く、大雨が降ると冠水する」などが挙げられます。

二番目に挙げたような「心理的瑕疵」に当たる内容は不動産会社に説明義務がありますが、その他の例については説明義務がなく、ある程度は自分で調べなければならない内容です。大金を払って買う土地ですので、事前に市役所で古い地図を見る(昔田んぼや水田でなかったかどうかがわかる)、雨が降ったときにどうなるのか、近くの住人に確認したり、知人に聞いたりして情報を集めるくらいのことはしておきましょう。

もうひとつ、不具合などが起きた場合の対応や保証なども忘れてはなりません。

全ての新築住宅は、住宅品質確保促進法という法律のもと、10年間の保証が義務付けられています。この法律内で保証されるのは住宅の基本構造部分についての瑕疵です。ほとんどの場合は瑕疵担保責任保険という保険に建築会社が加入しており、その保険から修理代を出したり、賠償がされることになります。

問題は保険の範囲外のものがどうであるか、です。少なくとも完成してから1年目の点検、2年目の点検、10年目の点検があるところを選ぶことをおすすめします。家というのは非常に多くの部品を使い、人が住み、風雨から住人を守ることで大きく変化していきます。当然ながらメンテナンスも必要となってきますので、しっかり点検・メンテナンスを実施してくれるところを選択するようにしましょう。

 
ページの先頭へ