こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

はじめての注文住宅マニュアル〈三重県編〉

初めての家づくりのために、知っておきたい情報をまとめています。

注文住宅の流れとポイント【三重県の場合】

大多数の方にとって注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。

「失敗した」「こうすれば良かった」と思っても、やり直しはなかなか困難です。そうした失敗を防ぐためには、家づくりに関する知識を事前に得ることです。

ここでは、注文住宅の流れとポイントについて説明します。

住まいのイメージ固め&スケジュールの把握

ご家族で住みたい家のイメージや望む暮らしのスタイルを話し合う時間を設けてみましょう。住宅情報誌やネットで建築事例などの写真をリサーチしながら行うと効果的です。

ここで大事なのが、ご家族全員でイメージを共有すること。その後の段取りをスムーズに進めるためにも重要です。

家づくりのスケジュールは依頼先や土地探し、建築プランの練り上げにどれだけ時間をかけるかで大きく変わってきます。

プラス工事開始から完成までは、木造2階建40坪程度で120日程度というのがひとつの目安です(※工法や業者などによって前後します)。 

住宅展示場や現場見学会への参加

家づくりに限りませんが「現場」へ足を運ぶことは、大きなメリットが得られます。

例えば4LDKと文字だけで見るよりも、実際に建物に入り部屋の大きさや間取りなどを目で見て実感していれば、業者さんにより細かく的確な要望を出せます。

足を運ぶ際は、デジカメかカメラ付きケータイ・スマートフォンをお忘れなく。注文住宅のプランを検討する際、貴重なヒントとして役立ちます。

    建築現場見学・体験レポート  

ここで、本サイトの管理人が参加した見学会のレポートを紹介させていただきます。

私は家づくりを思い立って、住宅展示場などを回っていましたが、正直ピンとくるものがありませんでした。

そんなときに目にしたのが、本サイトでもご紹介しているやまぜんホームズの「建築現場見学会」

同社では月1回ペースで、自社物件の建築現場を見学できるバスツアーを実施。しかも、施工担当者さんも同席で直接話を聞くことができると知り、申し込みました(参加者にお弁当が出る点にも惹かれました)。

当日は、まず基礎工事を行なっている現場へ。素人が普段見ることができない基礎の鉄筋やコンクリートの造形などを現場監督さん自ら説明してくれ、「強さ」へのこだわりを感じました

特に、配筋の密集度を通常より狭くして強度を高めているというのは驚かされました。

建築途中の物件では、組立作業中の柱や梁、床材がどのように組み合わせて接合しているのかなどを、これも現場監督さん自ら、「実物」を使ってわかりやすく説明してくれました。

私は社会科見学にきた子供のように、ワクワクして、聞き入ってしてしまいました。また、現場スタッフの皆さんの人柄や家づくりへの情熱といったものも、直接話しをすることで感じとることができました

その後は、モデルハウスの見学もさせてもらいました。

見学会に参加して大きな収穫だったのは、参加者の皆さんと仲良くなれたこと。家づくりを検討している者同士、話も弾み、情報交換もできて有益でした。

仲良くなった方が別の日に参加した、同社の木材加工工場見学の様子なども教えてくれました。

やまぜんホームズの見学会の後に、他社の見学会にも参加しましたが、多くはモデルルームや完成した後の物件しか見ることができませんでした。

建築途中の現場を包み隠さず見せてくれ、しかも現場スタッフさん自ら説明してくれるという、やまぜんホームズのやり方に私はとても魅力を感じました

当初は、大手のハウスメーカーを考えていましたが、ここまでやってくれる姿勢に脱帽です。

家族とも相談し、我が家の施工はやまぜんホームズに依頼することとなりました。

土地探し

注文住宅用の土地探しは、決して簡単ではありません。ある調査によれば、情報収集開始から土地購入契約までの平均期間は14ヶ月というデータもあるほどです。

ポイントはマメなリサーチにつきます。まずは不動産仲介会社を当たりましょう。

広告や雑誌、ポスターやチラシ、裁判所の競売物件や国有地払い下げの情報もチェックするとよいでしょう。

また、法律面では、建ペイ率や容積率(建築面積を制限する法律)、斜線制限(建物の高さを制限する法律)の有無など、法律的に住宅建設可能な条件をクリアしているかの確認も必要です。

資金計画

注文住宅を希望される多くの方は、住宅ローンを利用されると思います。

自己資金がどのくらいあり、いくら住宅資金に充てることができるのか検討してみましょう。

車の買い換え資金や1年分程度の生活費用などは、もしもの時に備えて残して置くことがポイントです。

また、住宅ローンには色々なプランがありますので、内容をしっかり把握し比較検討したうえで、自分に1番合ったものを選ぶのが重要です。

銀行、信用金庫、JA、などの民間ローンや、住宅金融支援機構による「フラット35」や「すまいるパッケージ」などが代表格です。

ハウスメーカーの選び方

見積もりや提案プランは要望通りか

当たり前の話ですが、注文住宅は施主の要望に応じて建てられるもの。

しかしながら、事前の打ち合わせや希望予算などに則した提示をしてこないような業者も存在しています。

もちろんその理由を問いただしてみるべきです。例えば、地盤改良のためなどの理由があったり、打ち合わせに基づく、業者からのより良い提案などであれば検討の余地は残されます。

逆に、自社の儲けを釣り上げるために行なってくる手合いは避けるべきです。

担当者は信頼のおける人物か

普段の窓口となる営業マンはもちろんのこと、設計者や施工担当者の人柄や誠実度などを推し量ることも重要です。

身だしなみや言葉づかい、マナーなどはもちろんのこと、プランに関する提案などに信頼性があるかなどをチェックしましょう。

例えば、マイナスやデメリットなどを包み隠さず話してくれたり、過去に手がけた建物に案内してくれるなどがあれば、ポイントは高いと言えるでしょう。

アフターフォローの体制はどうか

家というものは、建てて終わりでは無くむしろ建てた後が重要なので、どのようなアフターフォローをしてくれるかは大切なポイントです。

保証や定期点検の内容はもとより、なんらかのトラブルや不具合などがあった時、すぐに駆けつけてくれるかといった点も重要になります。

 
ページの先頭へ