こだわりの注文住宅会社
三重で建てる!
理想の注文住宅が叶う・三重のハウスメーカーの情報をまとめています
この家を建てた会社はどこ?
やまぜんホームズ
やまぜんホームズ
三交ホーム
三交ホーム
アサヒグローバル株式会社
アサヒグローバル株式会社

ペットと暮らしやすい間取りのアイデア6選【三重】

ペットも家族というこの時代、もはやペットと一緒に生活するのは当たり前。

注文住宅の購入を検討されている方に、ペットも快適に過ごせる家にする間取りのアイデアをご紹介します。

犬2つ、猫2つ、爬虫類1つ、すべてのペット共通のアイデアを1つあげていきますので、ペットと暮らしやすい家にするためにぜひ参考にしてください。

犬編1.散歩が大好きなワンちゃんのために専用通路を玄関に設ける

ワンちゃんは外出や散歩が大好きです。

外出の際に必ず通るのが「玄関」。玄関は住んでいる人が靴を着脱する場所である以外に、来客者を出迎える場所でもあります。犬の足跡で汚れていたら、人によっては不快に思うかもしれません。

そこで、玄関に犬専用の通路を設け、直接室内に繋がるような間取りにしてみましょう。スペースにある程度余裕は必要ですが、ワンちゃんにとっても人間にとっても快適です。

犬編2.ワンちゃんが落ち着ける空間「ドッグラン」を作る

玄関に犬専用の通路を設けたら、その先にワンちゃんのための部屋を作ります。

犬も人間と同じで、落ち着ける空間を欲しています。そんなに広い間取りである必要はなく、1.5畳~2畳程度で問題ありません。

理想的なのは庭にドッグランを設けることですが、難しいようであれば屋上を利用するのも手です。また、小屋を設置する予定がある場合は、庭の間取りを広く取りましょう。

猫編1.ひなたぼっこができるようにキャットウォークを設ける

猫はひなたぼっこが大好き。ワンちゃん同様、猫専用の部屋を用意してあげるとよいです。

日当たりの良い位置に作ってあげるとなおベター。南向きのリビングの壁にキャットウォークを設けるだけでも十分です。

猫は上り下りの運動をする習性があります。キャットウォークが設けられていないとキッチン棚や本棚を代替えにしてしまうため危険です。

また、犬と猫を同時に飼う場合、部屋を分けてあげることをおすすめします。

猫編2.猫専用トイレを作れば飼い主さんの負担も減る

猫のトイレのしつけは比較的簡単だといいます。というのも、猫は砂箱にフンをする習性をもっているからです。それを利用しない手はありません。

猫部屋やキッチンの壁に猫専用の小さなトイレを設け、そこに砂を敷いておけばしつけがより楽になり、飼い主さんの負担も減ります。

爬虫類編:屋内にインナーテラスを作って脱走のリスクを防ぐ

最近、ペットの中でも人気を集めているのが爬虫類です。カメやトカゲ、ヘビなどの種類がいますが、爬虫類の成長や健康維持には日光浴が欠かせません。

飼い主さんの中には屋外で飼うという方もいますが、屋外飼育は脱走の恐れがあります。

そこで、屋内飼育しながら自然光で日光浴できるサンルームやバルコニー、テラスを設けると良いです。

ペット観賞が趣味の方であれば、インナーテラスにしてリビングと隣接させれば、いつもペットと顔を合わせることができますよ!

地震の際の安全性を考慮するのであれば、飼育ケージ(水槽)を造作家具として設置するのがおすすめ。万が一の時にも、ペットに危険が及ぶ可能性が低くなります。

共通編:ペット専用収納があると便利

ペットシートやペット用アメニティはもちろん、ペットフードは意外と場所を必要とします。一緒に暮らすのが犬、猫、爬虫類のいずれにしても、ペット専用の収納があると非常に便利です。

人が使う収納ほど広いスペースはいりませんが、普段使うペットグッズを入れておけるくらいのスペースは用意しておきましょう。

「愛するペットと末永く一緒に住んでいきたい」

「これからペットを飼おうと思っている」

そういった方はぜひ、今回のアイデアを参考にしてみてくださいね。

 
ページの先頭へ