三重で建てる!こだわりの注文住宅会社 » はじめての注文住宅マニュアル » 住宅タイプ別に家造りの仕組みを解説 » スケルトン・インフィル住宅の特徴と利点

スケルトン・インフィル住宅の特徴と利点

三重で注文住宅を検討している方は、「スケルトン・インフィル」という言葉を耳にしたことはありませんか?

「スケルトン・インフィル」は、建物を「構造体=スケルトン」と「内外装、設備、間取り=インフィル」に分けて考える設計の仕方のことを指します。

もともと、オランダの「オープンビルディング」思想が元の概念になっているといわれているこの住宅は、あらかじめ親子3代が住み繋ぐことを想定されています。

この記事では、「スケルトン・インフィル住宅」のメリットを解説いたします。

将来リフォームしやすい長寿命住宅であることが最大のメリット

スケルトン部分とインフィル部分を分けて設計されるこの住宅は、欧米にみられる百年単位の寿命を持つ建築の考え方にならい、スケルトン部分=構造体を強固に作り、耐震性が高められているのが基本となります。

スケルトン部分に比べ、インフィル部分は構造体に比べて寿命が短いといえます。

インフィル部分を何度でも新しく入れ替えられるような設計にすることで、建物全体を長寿命化させているのが「スケルトン・インフィル住宅」の最大のメリットです。

つまり、スケルトン・インフィル住宅は、将来リフォームすることを大前提とした住宅のことなのです。

住宅の資産価値を長く維持できるということからも、近年非常に注目されている建物です。

スケルトンリフォームでライフスタイルや家族構成の変化にも対応

通常の住宅の場合、リフォームを行うとなると構造壁の除去が難しく、間取り変更が不可能というケースも出てきます。

しかし、スケルトン・インフィルであれば、「スケルトンリフォーム」と呼ばれるように、建物の構造体だけを残し内外装をまるごと入れ替えることも可能です。これにより、年数が経過した後も、新築のようにリフォームできます。

また、簡単に間取りの変更ができることから、ライフスタイルや家族構成に変化が生じた場合でも柔軟に対応が可能です。子どもが小さなうちは2LDKの住宅にしておいて、子ども部屋が必要になったら3LDKや4LDKに変更、子どもが結婚して家族が増えた時には二世帯住宅に変更する……という大幅なリフォームの仕方もあります。

さらに、将来的に親が高齢になったり、車いすが必要になったりした場合に、バリアフリーへの対応もスムーズだといえるでしょう。

建売住宅と比べて水道管や配水管のメンテナンスがしやすい

従来、注文住宅が普及する以前、建売住宅においては、間取りや設備の位置はもちろんのこと、配管の位置などを住み手が自由に設計することはできませんでした。

しかし、注文住宅では間取りや設備の位置は自由に決められます。そして、配管の位置までも自由に決めることができるのがスケルトン・インフィル住宅なのです。

スケルトン・インフィル住宅では二重床や二重天井を採用していることが多く、これにより水回りの水道管や配水管、電気の配線やエアコンのダクトなどの移動が行いやすくなっています。

配管設備は、一般的に20~30年ほどの寿命だといわれています。通常の住宅では配管設備が構造体に埋め込まれているため、メンテナンスが非常に大変です。一方、スケルトン・インフィルは構造体と配管設備が分離しているため、配管設備のメンテナンスがしやすいといえるのです。

それだけでなく、間取りを設計する上でこれまでの注文住宅以上に自由度が高まっているというメリットも考えられます。

どちらを選ぶ?
おすすめの注文住宅会社

自由設計

完全オーダーメイドで
思い通りの家を作る
引用元:池田建設公式HP
https://ike-da.co.jp/works/タイル貼りにこだわった、高級感のあるスタイリ/
池田建設
1500万円~

・思い通りの間取りを設計

・細かい性能を相談できる

施工事例を
もっと見る

プラン

ライフスタイル別に
プランを選ぶ
引用元:サンクスホーム公式HP
https://sunkushome.jp/works/ストレスフリーの家事ラク・育ラクハウス/
サンクスホーム
1800万円~

・スピーディーな家づくり

・一定水準以上の家が低価格

施工事例を
もっと見る

三重のおすすめ
注文住宅会社を詳しく見る

※約40坪で建てた場合の建設費用